市川クリニック

経鼻内視鏡(鼻から挿入できる内視鏡)を導入しています

2019-01-25

市川クリニックでは、経鼻内視鏡(鼻から挿入できる内視鏡)を導入しています

 

■導入の目的

食道や胃の精密検査で内視鏡を口から飲み込む検査が行われています。
検査時に、のどに麻酔はしているとはいえ、1センチ前後の太さがある内視鏡を飲み込みますので、多くの方が咽頭反射(口を開けて、指をのどの奥に持っていくと「おえっ!」となる現象です)を起こしてしまいます。
この為、内視鏡検査は「つらい」、「苦しい」と感じている方も多いのではないでしょうか?



■検査の方法

この度当院では、内視鏡検査時の苦痛を軽減できるように
「経鼻的に(鼻から)挿入できる内視鏡」を導入致しました。鼻から挿入しますので、咽頭反射はほとんど起きません。
また、内視鏡そのものが細い為(当院で導入した経鼻内視鏡は太さ5.9ミリです。)検査中の負担が軽いことも大きなメリットです。なお、検査中に会話ができるので医師へ質問することも可能です。

 

■予約のしかた

ご希望により対応致しますので、診察時にご依頼ください。お電話での予約もできます。


※注意事項
・経鼻的挿入の為、鼻腔の麻酔が必要です。また、まれに鼻出血が起こりますが、内視鏡を抜去して10分程度鼻を押さえていれば止血できます。
・検査後の鼻出血を防ぐ為に、検査終了直後には鼻を強くかまないようにしてください。
・両側の鼻腔が狭い方の場合は、経鼻内視鏡は使用できませんので経口的挿入に変更となりますのでご了承ください。

 

 

PCでの診療予約はこちら

スマートフォンでの診療予約はこちら

ページトップへ